公益信託うつくしま基金 トップページ

よくある質問 Q&A

お気軽に質問をお寄せください。

質問内容とその回答を順次、Q&Aの形で下記に掲載していきます。
ただし、質問者が特定できるような個人情報は、公開しません。
また、質問の内容によっては、回答できない場合もあります。


               ○ 電話の場合・・・024(953)6092 月から金曜日の10時から18時
               ○ 電子メールの場合・・・uketsuke@utsukushima-npo.jp


Q:
公益信託うつくしま基金の募集・助成はいつまで続きますか?
A:
今回の第16回(平成30年度事業)と第17回(平成31年度事業)で終了となる予定です。

Q:

第16回(平成30年度事業)助成金募集に申請しますが、事業は今年度(平成29年度) から来年度(平成30年度)にかけて実施されます。今年度(平成29年度)の経費は助成の対象になりますか?

A:

今年度(平成29年度)の経費は助成の対象になりません。第16回(平成30年度事業)に申請する事業期間内に発生した経費のみ対象となります。


Q:

NPO法人以外の法人が申請をすることはできますか?

A:

NPO法人以外の法人は申請できません。申請できるのは、個人、グループ、任意団体、NPO法人です。ただし有志が集まり新しい任意団体を立ち上げれば、その団体で申請することができます。


Q:
会員が講師となってセミナーを実施しますが、講師謝礼を計上できますか?
A:
会員への講師謝礼は計上できません。講師謝礼は外部から招いた講師に対して計上することができます。

Q:
継続事業は、何年続けて助成されますか?
A:

「スタートアップ支援コース」については、1助成対象者につき1回限りとなります。
「発展事業支援コース」と「自治体との協働コース」については、募集・助成が第17回(平成31年度事業)で終了予定ですので、2回が限度となります。ただし、すでに継続して助成を受けている事業については3回が限度となります。
「実践支援コース」については、同じく2回が限度ですが、すでに継続して助成を受けている事業については、終了予定の第17回(平成31年度事業)まで助成を受けることができます。ただし、毎年申請をして審査を経て助成されますので、それぞれ継続して助成される保証はありません。


Q:
活動施設を改装したいと思いますが助成の対象になりますか?
A:
残念ですが、施設整備費は助成の対象にはなりません。

Q:

今年度(平成29年度)、50万円以上の助成金を受けて活動を行っておりますが、第16回(平成30年度事業)に上限500万円のコースに申請できますか?

A:
第16回(平成30年度事業)での上限500万円のコースに申請するには、50万円以上の助成金を受けて行っている活動が、平成29年3月までに終了していることが条件です。よって、今年度(平成29年度)50万円以上の助成金を受けている活動が、上限500万円以上のコースに申請できるのは第17回(平成31年度事業)となります。

Q:
他の補助金・助成金を受けている活動を申請することはできますか?
A:
他の補助金・助成金を受けている活動も申請することができます。ただし、他の補助金・助成金が抱き合わせの申請を認めていない場合は申請できませんのでご注意ください。

Q:
助成金の内訳が全て物品購入費ですが申請できますか?
A:
申請することはできますが、活動を行うために必要な物品購入費に助成されますので他の経費の項目が計上されていないと審査は通りにくいです。
物品購入費、委託外注費は支出総額の50%以内に抑えることをおすすめします。

Q:
助成金はいついただけますか?
A:
第16回(平成30年度事業)は、平成30年4月中に指定の口座に振り込まれます。

Q:
事務局員の人件費は助成の対象になりますか?
A:
通常雇用している事務局員の人件費は助成の対象になりません。申請した活動を遂行するために必要な人件費に助成されます。

Q:
自治体の協働コースに合格しましたが、自治体の予算が成立しませんでした。この場合、どうなりますか?
A:
この場合、残念ですが合格が取り消しになります。


Copyright (C) 2003-2012 Utsukushima NPO Network All Rights Reserved.